読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

足るを知るを知る

40オーバーのおっさんの足るを知るための記録。身の丈にあったファッション、音楽、カルチャーを紹介してくブログです。

趣味-読書

POPEYE4月号

こんばんわ。昨夜、息子の誕生日会をしました。 kinpun.hatenablog.com いろいろプレゼント貰ってました。 僕は横目で恨めしそうに見てただけでした。そんな欲求を解消するために買ったPOPEYE。 春のファッション特集。コンサバで行こう! そそるタイトルじ…

「全裸監督 村西とおる伝」をやっと

買いました。なかなか書店に行くタイミングがなく、遅ればせながら買いました! 本橋信宏著の「全裸監督 村西とおる伝」 kinpun.hatenablog.com 僕らの世代では知らぬものはいない、村西とおる氏。当時TVに出まくっていた彼だが、駅弁とホラ貝のおじさん。僕…

本橋信宏の新作『全裸監督 村西とおる伝』を読んで人生元気になりたい。

こんばんわ。amazonビデオで映画を見まくっているため、最近読書してませんでした。僕の大好きな本橋信宏氏の最近の著作、『上野アンダーグラウンド 』をそろそろ読もうかなーなんて思ってたところ、とんでもなくインパクトのある表紙が目に飛び込んできまし…

シリアルキラー展というものがあるそうで。。。

こんばんわ。ネットを泳いでいたらこんな展覧会があるとか。 www.vanilla-gallery.com この度、ヴァニラ画廊ではジョン・ウェイン・ゲイシーをはじめ、エド・ゲイン、テッド・バンディ、ヘンリー・リー・ルーカス、伝記映画も公開されたロニー・クレイ等、世…

海とpopeyeと、安旅

タイトルが若干ポパイの特集名を意識したタイトルですがセンスないですね。 週末家族サービス(旅行)に行ってきました。病んでいた時は外出もままならなかった為、かなり久々の宿泊旅です。 場所はこちら。 www.blueberry-hill.co.jp 千葉の勝浦でそんな遠…

今月号の雑誌『ポパイ』は買いだ|スタンダードブック2016

最近『ポパイ』を買っていない。理由はお金がないから。以前は盲信的に購入していたのだが、特集によっては(インテリア特集や、街特集とか)あまり触手が伸びないモノもあったりで、ここ半年は買っていなかった。40過ぎのおっさんが『シティボーイ』の雑誌…

久しぶりにファッション雑誌を買ったぴょん『ファッションディレクターズファイル』

復帰一週間が終わりました。早帰りとはいえ身体を慣らすのが大変でした。だいぶ慣れましたが。来週からはまた少し時間が長くなるが、がんばろう。 というわけで帰りに本屋で雑誌を一冊、文庫本を一冊買った。文庫本はこちら。 『桶川ストーカー殺人事件 遺言…

僕がお勧めする3冊の猟奇殺人モノ

いきなり物騒、且つ不謹慎なタイトルでどうもすみません。 読書は好きですが、小説はほぼ読みません。得意ジャンルは『殺人事件モノ』、『赤軍派関連』、『その他実録モノ』、かなり偏りがあります。なんでこんなジャンルを読んでいるのか。ひとつは、究極の…

通院5日目と映画『チェンジリング』

もう三月も中盤、そろそろ復帰を考えねば。 通院の電車の中でいつもの映画を見ました。 Amazonプライムのおかげで映画が身近になりました。新作は見たいけど、まだまだ観てない映画がたくさんあります。 今日見た映画は『チェンジリング』 チェンジリングとは…

ストレングス・ファインダーで自分の強みを確認してみた。

こんにちは。今日は雨なので家で読書をしています。 いつもはノンフィクション(特に猟奇事件のルポ、赤軍派関連)ばかり読んでいますが、 はてなブログでどなたかが紹介していた 『ストレングス・リーダーシップ―さあ、リーダーの才能に目覚めよう』 などと…

死んだらどうなるか系の本を読んでみたら少し洗脳されちゃいました

『死んだら驚いた』丹波哲郎って若い人は知らないですかね。 それはおいといて、 人間の永遠の謎である「死んだらどうなるか」最近その手の本をよく読んでます。 この前心療内科で「死にたいと思ったことはありますか?」と聞かれました。正直に言うと、 な…

本橋信宏の『依存したがる人々』

この人の本のことはいつか書いてみたかったので、稚拙ながら書きます。 本橋信宏とは 本橋 信宏(もとはし のぶひろ、1956年4月4日 - )は、日本の著作家・評論家。政治思想からサブカルチャーまで幅広い分野で文筆活動を行う。 反体制運動やアダルトビデオ…

ちょっと昔の雑誌が萌える

ヤフオクとかで昔の雑誌を物色するのが好きです。 こちら88年のhot dog press。 88年は私は中学生くらいだったのでリアルタイムで読んでませんが、懐かしくて萌えます。 ミラージュ。何だかよくわからないけど響きだけでも懐かしい。 ミニコンポ。私はONKYO…

ジャッキーが僕のヒーローだった。

ファミコンとか持ってなかった 小学生の頃はファミコン全盛期。でもうちにはそんなもの無かった。 お年玉で14800円たまったことがあったが、うちでは認められなかった。 キーボードが付いている、プログラミングができるというよくわからない理由でMSXの最下…

本橋信宏の本が好きだ

この方のすこしメランコリックな感じの文章が好きです。村西とおるとの関わりを回顧した「裏本時代」「AV時代」は、村西とおる自身の強烈なキャラクターと本橋氏のシリアスな文体が妙にマッチしていてとても読み応えがあります。 また彼が以前、依存症と不安…