読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

足るを知るを知る

40オーバーのおっさんの足るを知るための記録。身の丈にあったファッション、音楽、カルチャーを紹介してくブログです。

いい感じに色落したドゥニームのデニムを約300円で買った話

おはようございます。

本日も小僧二人の変なダンスで起こされました。

さて私、A.P.C.のデニムが好きなのは以前も書いたとおり。

kinpun.hatenablog.com

以前ドゥニームが好きなブランドでした。

DENIME(ドゥニーム)とは、日本人デザイナーの林芳亨(はやしよしゆき)氏が立ち上げたデニムブランド。 レプリカジーンズの先駆けとして知られている。

その後林芳亨氏はドゥニームを去り現在はRESOLUTE(リゾルト)という新たなデニムブランドを展開しています。 リゾルトのデニム、欲しいです。でも今は病の身。じっと我慢です。

というわけで林芳亨氏が去った後のドゥニームはなんだかあまり話題にでなくなりましたね。

ドゥニームと僕

私の若い頃は、ドゥニームのデニムは憧れでした。林芳亨氏のこだわりと職人への愛によって生み出された 一品は、当時の雑誌にバンバン載り一大ブームでした。しかしその品質もさることながら値段も高額、手が出ませんでした。

例によってヤフオクをチェックをするのですが、サイズがわからないものには手が出せません。 しかもビンテージでもなんでもない古着に、アホな値段がついてる。

鬼ヒゲ!」の煽り文字を見て指をくわえてみてるしかなかったです。

30代に入り一着購入しましたが、まあいい感じに色落すること。愛用していたのですが、 その頃20キロの無理なダイエットを敢行し、サイズが合わなくって売っちゃいましたよ。

3年前に(既に林氏が去った後)ドゥニームを購入しましたが、履き方が悪いのか何なのか 思ったような色落ちがでず、タンスの中で肥やしになり果てました。

最近は休職中の身、服など買っている余裕などありません。しかし昨日通院後、魔がさして 古着のドゥニームを購入してしまいました。

購入した場所

いつものジョンブルストアです。ここは一時期かなりの頻度で買い物をし、さらに買い取りもしてもらってましたが 、。得意げにスーパーブランド(死語)を大量に持ち込んでも数千円の査定。。 何度も鼻をへし折られた苦い思い出があります。

ドゥニーム発見

この店でドゥニームはよく売ってるんですが、ガバガバサイズ、裾がズドーン、「いまどきこんなドカン誰がはくんじゃ!」 みたいなのばっかりなんですよ。

ただこの日は気になるモデルが。ダメージがかなりありますが色落ちが秀逸、しかもお値段1300円。 こんなぼろジーンズが1300円。理解がない人はそう思うでしょう。 しかし私は病の身でありながらレジへ。。

レジにて

レジにつく前ひらめきました。そういえばこの店はポンタカードが使える。 ポイントを確認すると990ポイント(=990円)! ポイントを使用して約300円で購入できました。

戦利品ディティール

それでは約300円で購入した戦利品を、なめまわすように見ていきましょう。

f:id:kinpunmarason:20160213091526j:plain

f:id:kinpunmarason:20160213020133j:plain

ヒゲとかは出てないですが、かなり風格のある色落ちではないでしょうか。 膝が破れてますがまあそのうち直します。 前オーナーがしたであろう当て布による丁寧なリペアがされていてそこも気に入ったポイントです。

f:id:kinpunmarason:20160213091444j:plain

赤いタグが付いているのは初期のモデル?

サイズは少しゆったりめですが、ドカンではありません。

うれしくて昨日早速履いてみましたが、なんかすこし痒くなってきました

古着を買ったらすぐ洗いましょう

kinpun.hatenablog.com

kinpun.hatenablog.com