読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

足るを知るを知る

40オーバーのおっさんの足るを知るための記録。身の丈にあったファッション、音楽、カルチャーを紹介してくブログです。

死んだらどうなるか系の本を読んでみたら少し洗脳されちゃいました

趣味 趣味-読書

『死んだら驚いた』丹波哲郎って若い人は知らないですかね。

それはおいといて、 人間の永遠の謎である「死んだらどうなるか」最近その手の本をよく読んでます。

この前心療内科で「死にたいと思ったことはありますか?」と聞かれました。正直に言うと、 ない事はないと答えました。実際に行動に移す事はなかったですが、仕事に忙殺されてたころ死んだら(表現としては消えたら)楽になるんじゃないかなあと思ったりしました。

こんな話すると『オカルト野郎』の一言で済まされそうですが、ここ最近、死んだらどうなるかの興味はますます強くなりました。

精神状態がちょっとよろしくなくて、世の中を斜に構えて見ている今、多分一過性のブームなんでしょうけど。。

プルーフオブヘブン

上の本はテレビ「奇跡体験アンビリバボー」でも 放映され知ってる人は多いと思いますが。 死後の世界など全く信じてなかった著名な脳科学者のエベンさんが自身の臨死体験を細かく記したものです。

脳の機能は完全に停止していたにも関わらず意識があり、さらには顔も見たこともない親族にあった らしいのです。

死後の世界が教える「人生はなんのためにあるのか」

 

更にこちら。催眠療法の権威?のニュートンさんが数多くの被験者との対話で前世と「あちらの世界」のシステムを解き明かしていきます。 なんかいろんな被験者が出てきて、ある人の場合『あちらの世界』に帰ったらこの人にあって、学習するとか、 何度も生まれ変わっていくにつれ、より『あちらの世界』でより崇高な魂になる。とか。

数多くの被験者のケースの話が延々と続いて最後の方で、挫折して肝心の『人生はなんのためにあるのか』の答えを得ることが できませんでしたが、死んだらやっぱ『無』ではないんだと思い込むようになりました。

人は死ぬと21gの重量がへるという話もありますが、肉体だけではない、何かがあるような気がします。

単純な僕、これを読んでピプノセラピー(催眠療法)を受けて見たくなり、その道の権威に、コンタクトをとりました。(でもお高いので断念)

お金に余裕がでて来たら実際に体験してみてこのブログでも紹介したいと思います。

言っときますが私は変な宗教を信仰したりとではないです。心は病んでますが、変な電波とかは傍受してません。

ただ、この歳になったからでしょうか、 「あっちの世界」それが何かは分かりませんが ないこともないなと思うようになりました。

そうすることで「こっちの世界」もよりよく生きられるような気がします。

死んだら「無」で済んだらなんか寂しいじゃないですか。

でも結局答えを知っちゃたら人間、生きていくモチベーションわかなくなるでしょうね。

なんで最後に一言

オカルトですよこれは!

薄っぺらい書評で申し訳ない。