読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

足るを知るを知る

40オーバーのおっさんの足るを知るための記録。身の丈にあったファッション、音楽、カルチャーを紹介してくブログです。

現行のドゥニームについて考えてみる。

ドゥニーム、20代の頃あこがれでした。

しかし林芳亨氏が去り、現在は「WE GO」が商標権を持ってるとか何とかで。すっかり話題に載らなくなりましたね。

kinpun.hatenablog.com

DENIME(ドゥニーム)とは、日本人デザイナーの林芳亨(はやしよしゆき)氏が立ち上げたデニムブランド。 レプリカジーンズの先駆けとして知られている。

ドゥニームが「倒産か?」と報じられた直後、僕はたまたま直営店にいき、スタッフさんに「今後どうなるのですか?」と聞いてみたことがありました。スタッフさん曰く、「私らも全くわからないのですよ」と言っておられました。その時、在庫一掃のセールをしていました。何も買わずに帰ってしまいましたが、今考えると悔やまれます。

5年くらい前、新生ドゥニームのデニムを買ってみた。

2010年頃でしょうか。久々に千駄ヶ谷の直営店に行ってみました(現在は閉店したようです)

林氏が去った後、どれだけ「商品」に影響が出ているか良く分からなかった僕は、細身のデニムを購入しました。

SlimStraightXXtypeとかいうタイプ。スリムフィットで、ダブルX。なんかよくわかりませんが、スリムになりたかった僕は形にひかれました。

もともと僕はコテコテのアメカジみたいなスタイルは好きではありません。雑誌「ライトニング」に出てくるような着こなしは僕には似合わないなと 思い。なのでフライトジャケットとか革ジャンは着ません。20代の頃はちょっと惹かれていた時期もありましたが。。

その話はおいといて。

とにかく新生?ドゥニームのデニムを買ってみたわけです。

こちらワンウォッシュの状態で購入し、その後1年半ほど履き倒した後、A.P.Cデニムの虜になってしまい、タンスの奥深くに眠っておりました。

広告

ひさびさに引っ張り出してみた。

こちらです。 f:id:kinpunmarason:20160316194036j:plain

A.P.Cのデニムと比べるとだいぶ色落ちがスローですね。洗い方がまずいのか、商品が?なのかまあフツーの色落ちですね。

バック部分もなんだかボヤーっとしてます。 f:id:kinpunmarason:20160316194326j:plain

裾。チェーンステッチですが、うねりがそれほどないですね。

f:id:kinpunmarason:20160316194540j:plain

お尻。穴があきました。ドゥニームって現行モノに限らず昔から破れやすい気がしますがどうなんでしょうか。

f:id:kinpunmarason:20160316194651j:plain

広告

久々に穿いてみた

まあ至って普通ですが、これはこれで悪くはないのかなと思ってきましたw

おじさんだし、こういった普通の感じもいいのかな。

今、リジットデニムを買う季節でもないし、お金もないし、しばらくこのデニムを育ててみたいと思います。今後の色落ちにご期待ください。

kinpun.hatenablog.com