読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

足るを知るを知る

40オーバーのおっさんの足るを知るための記録。身の丈にあったファッション、音楽、カルチャーを紹介してくブログです。

ジャランスリウァヤのネイビーローファー

ファッション ファッション- 靴

やばいです。物欲病。

ジャランスリウァヤのネイビーローファーを、誕生日として嫁に買ってもらいました。

ジャラン スリウァヤとは?

1919年にテデ・チャンドラによってインドネシアで創業した靴工場JALAN SRIWIJAYA(ジャラン スリウァヤ)は、 オランダの植民地であったことから外国人向けのミリタリーブーツを手掛けていました。 その後、経営者の息子ルディ・スパーマンが「これからは平和の時代だ」という想いから、靴の聖地であるイギリスのノーザンプトンで修行を積み、 フランスで皮革の生産を学び「ハンドソーンウェルテッド製法」での靴作りも可能にしました。 そして2003年に待望の「JALAN SRIWIJAYA(ジャラン スリウァヤ)」ブランドが誕生するのです。

オフィシャルサイトから引用

広告

とても言いにくいですが、ジャラン スリウァヤ、ジャラン スリウァヤ、ジャラン スリウァヤです。ジャラン スリウァヤ、いろんなショップでセールになってたりして、何度か買おうとしましたがタイミング的に買わず。今回やっと購入に至りました。

先週の勝浦の旅行で昼食を食べるという目的で行った木更津のアウトレット。そこで物欲病を発症してしまい、後付けで嫁からの誕生日プレゼントとして購入。 破格の一万円台でしたので、つい魔がさしました。

kinpun.hatenablog.com

安いとはいえ、ここ最近消費が激しい。やっぱり買い物をしたくなるような場所にはあまり行かないようにしないと。

ネイビーにやられた

革靴の製法とよくわからんのですが、この出来で一万円台。なかなかいいんじゃないでしょうか。 BEAMSのアウトレットでさみしそうに転がっていたので、試しに履いてみたらピッタリ。ネイビーのローファーなんてやり過ぎかな?と思いましたが意外とイケる。

f:id:kinpunmarason:20160616004836j:plain

f:id:kinpunmarason:20160616005324j:plain

グッドイヤーウェルト製法で革底 f:id:kinpunmarason:20160616005036j:plain

今年は、僕にとっては禁断の短パンにローファーを挑戦しようか。 f:id:kinpunmarason:20160616005414j:plain

広告

今週は、雨ばかりなのでなかなか穿いていけません。早く履きたいです。

太ると、洋服に逃げる僕。そろそろ体重を減らすことを考えた方がよさそうです。このままではホント老後どころか10年先も見えません。