読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

足るを知るを知る

40オーバーのおっさんの足るを知るための記録。身の丈にあったファッション、音楽、カルチャーを紹介してくブログです。

ゴールデンウィークは秩父でキャンプ二泊

今週のお題「ゴールデンウィーク2017」

こんばんわ。GW、いかがお過ごしでしょうか。我が家は、子供二人引き連れてキャンプに行ってきました。我が人生初のキャンプ2泊。年なので疲れが怖かったですが、子供の為に決行。 例年ですと嫁が、GWは仕事のことが多かったので、旅行は久々。場所は、秩父。うちからそれほど遠くないので、渋滞もそこまでハマらないだろうと思い決定。ちなみに一週間くらいに前に決めて嫁が予約電話。よく取れたなと。

キャンプ場は『秩父 彩の国キャンプ村』

http://www2.tba.t-com.ne.jp/sainokuni/

行った方のブログを読むと、携帯は『圏外』かなり奥深いところにあるとのこと。いいじゃないですか。携帯が通じない場所で日々の懸念を忘れ、子供と遊ぶ。高級旅館とかにも行きたいけど、GWにそういうところに行くと我が家の家計を逼迫するので今回はキャンプと相成りました。

一応渋滞を予想して出発は朝7時。渋滞にほぼハマらずすいすい。着いたのは10時過ぎ。キャンプのチェックインは13時。早く着きすぎました。廻りは山奥なので何もなし。しかし幸いに隣に

フィッシュングセンターが。

www.jalan.net

3000円お支払いして、10匹放流してもらい、魚釣りの真似ごとを。10匹釣れれば追加料金なしで持って帰れる。

f:id:kinpunmarason:20170506232434j:plain

とのことで子供そっちのけで元を取ろうと殺気漲るオトナ。結果は7匹釣れて、幸い長男も一匹釣れたので良しとします。

ちなみにこの付近は夏場熊が、出没するとのこと。怖いです。

f:id:kinpunmarason:20170506232637j:plain

なんてことを考えたらあっと言う間に時間になりチェックイン

f:id:kinpunmarason:20170506232745j:plain

受付をすると、管理人さん曰く、『一番寒いところしか空いていなかった』というわけで一番寒いとされる、管理棟から一番の奥深いところに案内されました。

ここの管理棟はなかなか変わった建物で、空き缶をコンクリートで積み上げたDIY感溢れる作りになっています。ステキ。

f:id:kinpunmarason:20170506232925j:plain

そしてかわいいウサギちゃんを触れたり、なかなかファミリーにはぴったりの場所でした。

f:id:kinpunmarason:20170506233118j:plain

受付が終わり一番奥のサイトへ。昼間でもちょっと肌寒い感じです。子供がキャーキャー言ってるのをしり目にオトナは設営。

f:id:kinpunmarason:20170506233320j:plain

僕が結構めんどくさがり屋なので、ガチのテントとか持っていなくて、ワンタッチでできるテントとタープ。20分くらいで全部のセッティングが完了。

f:id:kinpunmarason:20170506233458j:plain

さっそく火起こしですが、着火剤と、↓のような簡単に火がつくやつを用意して難なく完了。めんどくさがり屋にはたすかります。

f:id:kinpunmarason:20170506233659j:plain

で、さっそく釣った魚を焼きました。串の刺し方もテキトーです。その他肉を焼いたりソーセージ焼いたりテキトーな感じで日が暮れたので、ガスランタンに明かりを点灯。ガスランタンがないと真っ暗です。

f:id:kinpunmarason:20170506233803j:plain

日が落ちると5月なのにとても寒い寒い。ダウンとパタゴニアのレトロジャケットを着てちょうどいいくらいの寒さ。こんな簡易的なテントで寝れるのか。と不安でしたが、疲れきってその日は即寝。

広告

翌日。自分は家族で一番の寝坊でした。あ、ちなみに僕お酒飲めません。のでバーベキューではコーラをグビグビしてました。

2日目はちょっと外出して近くの温泉に行って、墨で薄汚れた身体を洗い流したり、カインズホームで足りなくなったものを買い足したり、あっという間に終わりました。

道の駅大滝温泉 遊湯館 道の駅大滝温泉

キャンプサイトに戻り早めに夕食を。前の日はなんかバタバタしてて結構遅くなったので今宵は早めに。メニューは子供が大好きカレーライス

f:id:kinpunmarason:20170506234435j:plain

↑カレーのトッピング焼き焼きしました。寒いといいながら素足にチャコのサンダルで過ごす僕。ようやく靴下を穿きました。

その日も疲れきって即寝。

あっという間の二泊でした。

5月とはいえ、秩父の山奥は予想以上に寒かったですが、心が折れることなく病んでる僕でも楽しめました。

途中次男(二歳)の機嫌が悪くなり、何度かギャーギャー泣いたりしましたが、帰りは皆ご機嫌でめでたしめでたしなのでした。