足るを知るを知る

40オーバーのおっさんの足るを知るための記録。身の丈にあったファッション、音楽、カルチャーを紹介してくブログです。

黒い靴

こんばんわ。

もう二月ですよ。早すぎませんか?あと二か月で四捨五入したら50歳アラフィフと呼んでもいい年になります。初老だーなんて、きゃっきゃきゃっきゃ言ってたのが4年前。コワイです。

さて、先日久しぶりにスーツを着る機会がありました。普段はスーツとは無縁な仕事ですので、それに合うちゃんとした革靴も持っていない。なのでもう20年以上前に 買った4980円の謎のフォーマル用の革靴をいつも履いて行きます。たぶん合皮のやつ。

その革靴が今回、帰宅する間際になって、ソールがベロリン。さすが4980円。接着剤で張っただけのソール、20年ものとはいえ着用回数は10回くらいなのに。。 出先であわてて急場しのぎの靴を買おうと思いましたが、もったいないのでコンビニで瞬間接着剤を買いソールを無理やり貼り付けしのぎました。

いい年してフォーマルな革靴一つでも。また悪い虫が鳴きだしました。

けど僕のほしいオールデンとか、チャーチとか、たまにしか履かないものにそんなに出せません。

というわけで以前はいたこちらが気になってます。

MOD(英国国防省)へのオフィシャルサプライヤーであるサンダース社が収穫しているミリタリーシューズのアーカイブを元に、ラスト(木型)から企画された日本限定のコレクションです。 Sanders製品のアッパーには天然皮革を使用している為、若干の個体差がございます。「シワ・色ムラ・運搬時の摩擦による擦れ」などが多少見受けられますが、不良品ではございません。 天然素材特有の質感や風合い、味わいをご理解頂きお楽しみ頂ければ幸いです。

これがフォーマルにふさわしいのかどうかわかりませんが、値段もそこそこ(高いけど)でオンオフ問わずに履けそう(とか言っても結局オフでは履かなそうなんでどうかと思いますが) なのでちょっぴり狙っています。

オールブラックな靴

昔はスーツスタイルの革靴ならともかく、カジュアルでオールブラック(ソース含めて)な靴って結構敬遠してました。ガッチリ体系だからか、真っ黒な靴を履くと重く見えて 野暮ったい感じになるんですもの。以前にコンバースのオールブラックを買ったけど、すぐに手放しました。

でも、この年になって心境の変化なんでしょうね。まっくろな靴がいとおしくなりました。でサンダースの革靴ついでにもう一つ狙っているもの。

オールブラックのスタンスミス(ベルクロモデル)であります。

そんなこんなで物欲が一向に衰えないおじさんなのでした。